モラハラ夫と金の無心の母の借金

お金を借りるきっかけは、前夫のモラハラでした。
生活費にたった3万を渡され、おむつ、ミルクを買い、町内会費や日曜雑貨、そして食費もそこから捻出しなければなりませんでした。

これでは生活できないと伝えると、その時だけは文句を言いながら千円渡す、と言った具合で、どうしてもお金が足りないことを理解してもらえませんでした。

子供も大きくなり、もっとお金が必要になり、増やしてほしい旨伝えても叶わず、それならば仕事をしてそのお給料でなんとかすればいいと考えました。

安定したお給料をもらうようになると、クレジットカードの勧誘が増えるんですね。それで、1枚作ってみることにしました。
それがよくなかったんです。

ある日、母が家賃を滞納してしまい、かなりな額を一括で払うよう不動産から連絡がきました。
モラハラな前夫からはお金は望めないので、作ったカードのキャッシング機能を使うことにしたんです。
借りたお金で不動産へ支払いました。

その返済をするために、毎月毎月やりくりが大変になり、返しては借りて、返しては借りてと言うこともしばらくしてしまったこともあります。そんなことをしていては元金が増えてますますどうにもならなくなります。

だから、お給料の高い別の仕事を始め、少しでも早く支払い期限の前には返済するようにして、3年ほどでようやく返せました。
一度借りるとハードルが下がるんです。
それが怖いところですね。

今はお金を要求する母も他界して、私にお給料を全部渡してくれる新たな夫の元で、どこからも借りないでいい生活ができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です